大阪市の「サロン卵と私」。今まで食べていたオムライスは偽物だったのかと思うほど、美味しかった

大阪市の「サロン卵と私」。今まで食べていたオムライスは偽物だったのかと思うほど、美味しかった

【店名】
サロン 卵と私
【所在地】
大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクア大阪10F

【性別】女性
【年齢】33歳
【職業】自営業


【お店を知ったきっかけ】
大阪でのライブ観戦のために大阪入りしてから「洋食が食べたい気分」ということで、ライブ前の腹ごしらいに先輩ファンと入店しました。

【誰と行ったか】
先輩ファン




【お店の雰囲気】
レンガ作り風の壁に洋風のランプなど、絵に描いたようないかにも「洋食屋さん」という内装でした。
かと言って肩肘貼らないといけないようなことはなく、普段着でも入店しやすいタイプのお店です。
大阪駅近くにあるルクアという商業施設内にあるので、店員さんの対応も丁寧で、店外にあるお手洗いも清潔で利用しやすかったです。

【注文したもの】
ふわっふわ卵のデミグラスソースがけオムライス




【感想】
今まで食べていたオムライスは偽物だったのかと思うほど、美味しかったので衝撃的でした。
このオムライスを食べるまでは、オムライスは断然薄焼のしっかり火の通ったタイプ派(昭和のオムライス)が好みだったのですが、ふわふわオムライス党に鞍替えしてしまったくらいに美味しかったです。
綺麗な卵色(焼き目がついていないし白い部分もない)、口に入れてから卵の甘い香りが鼻を抜ける感覚、しっとりとした舌触り、熱すぎず温いということもない適温で最高でした。
デミグラスソースも甘くないけど旨味が強く、ソースだけで何杯でも白米が進んでしまいそうなくらい美味しかったです。
ライス部分も、具材の大きさが大きすぎないので、卵ともソースともよく絡んで良かったです。




【他のメニューやトッピングなど】
もともと卓上に置いてあったのか、店員さんが注文した料理と一緒に持ってきてくれたのか覚えていませんが、昭和の頃の喫茶店でカレーを頼むとトッピングがついてきたように、トッピングとカトラリーセットが入ったケースがありました。




【エピソード】
フロアを一周して決めることになったのですが、最初に見た時は行列ができていたのに、私たちが入店する時に、ちょうど入れ違いでお店を出た人たちがいたので、待つことなくすんなり入ることができました。
店内は私たちが入店したことでちょうど満席となりましたが、店員さんに急かされることもなく、落ち着いてゆっくりと食べることができました。




【知人の評判】
一緒に入店した先輩ファンも初めて入るお店で、美味しくなかったら私に悪いなと思っていたらしく(先輩が最終的に食べたいお店を選んだので)ドキドキしていたそうです。
料理が届いてからの私のテンションの高さに、安心して食べられた上に2度見してしまうほど美味しくてより楽しかったと言っていました。




【他との比較】
スフレオムライスと看板に書いてあるだけあって他店のオムライスとは全く違いました。
1番違う点は「卵の混ざり方」「火の通り方」です。
他店ではふわとろオムライスの場合、卵の白身と黄身が混ざりきっておらず、ドロっとして気持ち悪くなる時もありますが、このオムライスは白い部分が全くなく、焼けた卵の色も白身と黄身の混ざった色が均一になっていました。
焦げ目もないので焼けすぎることなくふわっふわっの状態をキープできるのだと思います。




【価格と満足度】
価格は、安くても1000円近くになりますが、ボリュームと卵のクオリティー(オムレツ部分)から考えると安いくらいです。




【期待すること】
是非とも継続してあって欲しいお店です。
今も思い出しながら「絶対に食べに行く!」と強く心に誓っているくらいです。
私は少食な方のようなのでちょうど良い量でした。
先輩は「腹八分目くらいかな」と言っていましたが、食後の紅茶を飲んだ後「ちょうど良かったんだね」と言っていました。
(私は紅茶が飲めないくらいパンパンです)



オムライス好きはふわとろ派も薄焼派も連れて行きたいですし、そもそもオムライスを嫌厭している知人はもっと連れていきたいです。
(アレルギーで無ければ)私自身が卵アレルギーちっくなところがある(食べたあと血の気が引いて座ることも立つこともできない)のですが、ここで食べても反応が出ませんでした。
なので尚更オススメしたいのです。

サロン 卵と私
大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクア大阪10F
女性・33歳・自営業
大阪市の「サロン卵と私」。今まで食べていたオムライスは偽物だったのかと思うほど、美味しかった