【ポムの樹】札幌駅に昭和の洋食屋さんがタイムスリップしてきて、現代人がさらにグレードアップさせたようなオムライス屋さん

【ポムの樹】札幌駅に昭和の洋食屋さんがタイムスリップしてきて、現代人がさらにグレードアップさせたようなオムライス屋さん

【店名】
ポムの樹
【所在地】
北海道札幌市中央区

【性別】女性
【年齢】36歳
【職業】フリーランス


【お店を知ったきっかけ】
札幌駅のステラプレイスでアルバイトをしていたり、ショッピングをしに行ったり、美容室に行ったりとお世話になっているので知っていました。

【誰と行ったか】
友人と行きました。




【お店の雰囲気】
札幌駅のレストラン街にあるので、駐車場もあり、席数は20席はあったかと思います。
お客さんは子どもづれのご家族からサラリーマン、学生など幅広い客層です。
20代のお客さんが多いのではないかと感じます。
外観店内同様、ショッピングモールによくあるような家族向けのファミリーレストランといった雰囲気です。
人気のお店の為、常に混んでいて待っている方がいる状況が通常に感じております。
店員さんは若い女性の方が主でした。
予約は必要ありません。

【注文したもの】
シンプルなケチャップのオムライス




【感想】
昔ながらの素朴な良さを残しつつ、卵が少しトロトロしていてどこかリッチな感じもあり、昭和のご馳走感がたまらなく美味しく感じました。
当時、学生ということもありお金をたくさん持っていたわけではなかったので入れるお店は限られていました。
その中で、友人とおしゃべりをしながら気楽にリーズナブルにごちそうを食べられるお店がポムの樹でした。
運ばれてきたときのバターとケチャップのいい香り、まずサラダを食べて、ようやくオムライスにスプーンをいれたときのオレンジの絶景、口にいれてふわ〜っと広がるバターとチキンライスと卵のトロトロ…。
サイズは好みで選べるのですが、Sサイズで充分ボリュームもあり、デザートどドリンクもいくつか種類があり友人と何時間でも長いしてしまうようなお店でした。




【他のメニューやトッピングなど】
デザートやドリンクも充実していました。
オムライスの他には、ビーフシチューやカレー、ドリアなどがありました。
当時は学生でお酒は飲めなかったのであまり記憶にはありませんが、お酒もいくつか扱っていたような気がします。




【エピソード】
友人と買物をしてお昼ご飯に食べたのですが、店外の椅子に座って待っている時間もお店のディスプレイをみて何を食べようか悩むのが楽しかったです。
お店に入って、居心地がよく、食べ終わってからもついのんびり話をしてしまい、となりのお客さんが何人も帰ってはまた別のお客さんが来て…を繰り返すの覚えています。
現在はそこまで長居することはしないように気を付けています笑




【知人の評判】
たくさんオムライスの種類があり、他にもいろいろなメニューがあって明るい店内で、小さい子と一緒でも入りやすい。
リーズナブルに本格的な洋食が食べられるお店。
可愛い店員さんが多い。
注文してから運ばれてくる時間が割と早い。
との話をしています。




【他との比較】
コンビニのオムライスは出来立てというのはちょっとないのではないかと思います。
スイーツにも力を入れているようなお店なので、甘いものを食べたいときやおやつたいむに利用しても良いかと思います。

ドリンクも何種類かあるので、どこかで食事をした後にちょっと一服お茶を飲みに行くだけでも良いのではないかと思います。




【価格と満足度】
オムライスとサラダとスープとドリンクのセットで確か1500円もしないくらいのリーズナブルな価格だったと思います。




【期待すること】
札幌駅の中という好立地なので、いまからお店を工事して広くするのは場所的にも広いところではないため厳しいと思うので、近くにもう一店舗お店を構えるということも全然ありなのでは?と思いました。
いつも順番を待っている人がいるので、待たせることなくお料理を多くのお客様に提供できると思います。
順番待ちをするなら他のお店に行こうと考えるオムライスを愛する人に救いの手を〜☆



まずお店の外にあるオムライスのディスプレイでワクワク感マシマシ!10種類以上はあるかというオムライスのディスプレイを見ているだけで待ち時間を楽しめてしまう。
それを眺めながら待っている間にどんどんおなかがすいてくるので、大きいサイズ食べちゃう〜?なんて会話に花が咲く☆席に呼ばれて改めてメニューをみてまた幸せに悩む時間を楽しんでからのオムライスはたまらない!

ポムの樹
北海道札幌市中央区
女性・36歳・フリーランス
【ポムの樹】札幌駅に昭和の洋食屋さんがタイムスリップしてきて、現代人がさらにグレードアップさせたようなオムライス屋さん